石巻の永久保陽子さんからのメール

1月8日に、石巻の永久保陽子さんからメールがありました。

『明けましておめでとうございます

石巻の永久保です。
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

実は坪倉さんからいただいた、コンフォートキルトですが、今日ある方にお渡ししてきました。

その方は、80歳過ぎのお婆ちゃんで、私が中学生の頃からお世話になってきた人です。

お婆ちゃんの住んでた地域は壊滅的な被害を受け、ずっと安否が気になって探していましたが、
先日ようやく知り合いづてに無事を確認できました。

そこで、今日お婆ちゃんがいる老人介護施設に行って来ました。

お婆ちゃんは震災後、避難所を転々としたことや、ショックもあり、痴呆の症状が出てしまったようで、
私のことも、昔パッチワークをしていたことも忘れていました。

ですが、キルトをプレゼントして膝にかけてあげると涙を流して喜んでくれました。

本来なら、写真も添付すればいいのですが、私も泣きじゃくってしまい、写真を撮るのを忘れてしまい、すみません。

帰りには職員さんが止めるのを聞かず、玄関まで何度もありがとうと言いながら、送ってくれました。

坪倉さんには本当に感謝しています。
ありがとうございました!!

また、もう一枚は現在仮設に住み、ご家族を亡くされたお婆ちゃんに差し上げました。

その方は現在、だんだんと笑顔が戻り、また縫い物を頑張っています。

皆さんの温かいお気持ちに感謝します。
報告が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。』




コンフォートキルト、喜んでいただけてとっても嬉しいです。
陽子さんのメールを読んで感動しました。
ほんとうにパッチワークをしていてよかったと心から思いました。

年末、最愛の愛犬ラズがお星様になり、
心が沈んで針を持つことさえ出来ずにいましたが・・・
陽子さんのこのメールに元気をもらい、
毎年1枚作っているピンクリボンキルトを作り始めました。
こちらこそ、ほんとうにありがとうございました。


そして このメールを、次の日 一緒にキルトを贈ったyurikoさんに転送しました。
yurikoさんからは
『転送ありがと。読んでて涙が出てきたぁ(涙)メール読んでこちらも元気でてきたわ』
とお返事が・・・。
[PR]

by Quilt-Fukuchiyama | 2012-01-11 12:52 | 石巻へ1(NASAさん)